« i-REAL | トップページ | 期待の星 »

多変量解析

月曜から3日間教育

主成分分析とクラスター分析、数量化Ⅲ類に重回帰分析が初日。で、重回帰分析の続きと数量化Ⅰ類が終わると、事例紹介と判別分析。三日目は数量化Ⅱ類とCAID分析をやっつけて理解度確認の試験が半日。

まじに死ぬかと思いました。まあ、計算とかは全部エクセルのマクロがやってくれるんですがどこをどうみるとどうなるのかなんて、社内向けのシートがそんなに親切なわけがなくどうやって見るのかがメインなんですが、いやー・・・数学好きだったのになあ(笑)。

例:主成分分析において各主成分にどれだけの情報量が集約されているかは(  )もしくは(  )で確認することができる。

確認試験の穴埋め問題、各1点ね((+_+))。

(答えは固有値、寄与率)

明日からはがらりと変わって横浜市都筑区のハウスクエアへ・・・その日の宿はラフォーレ強羅、翌日は御殿場へ・・・いつもの楽しいお仕事です。

|

« i-REAL | トップページ | 期待の星 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

会社のPC、SASとかJMP入ってます・・・w

投稿: くぼ | 2010年7月 7日 (水) 23時24分

確率・統計、難しいです。結局、最後の最後は経験則になってるってのも気に入らないし。

なんで、こんなに品質管理・統計解析って、ゴリ押し的に決められた式を使うかなぁ?。その説明がないのが気に入らない。


・・・なーんて言ってるから出世できひんのやろか?。

投稿: キタキツネ | 2010年7月 7日 (水) 23時51分

ハイ、元品質管理部、統計解析の大元締めでした。

正直、統計は苦手でした。こーいう場合はナントカ分布に従うって、経験則じゃないの?。

私の場合は部署が部署だけに入社数年目で受けさせられましたが、まーホンットにわからんかった。当時はExcelも無かったし、苦労はしたけれど身には着いてません。

なんかさぁ、統計的に色々な傾向を推し量るより、パッと見でコッチの方が正しい!って見抜ける勘?みたいなものがある方が、技術者としても、職人としてもうまくやってイケるような気がします。

投稿: キタキツネ | 2010年7月 8日 (木) 23時58分

>くぼよさん
入ってる、のね(笑)

>キタキツネさん
うーんとねえ、デザインなんていう不確かなものを扱い続けているので・・・数字で言わないと信用しない人多いんですよね>会社

投稿: MASA | 2010年7月 9日 (金) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« i-REAL | トップページ | 期待の星 »